2019年03月23日

ランドセルに落書き!?

皆さま如何お過ごしでしょうか。



ついこの間、年が明けた様な気がしますが気が付けばもう3月も後半に入りました。


時間が経つのは早いものです、この時間が経つのが早いと感じる様になると


あぁ自分も歳を取ってしまったなぁと実感してしまいますが、それは仕方ありませんねぇ。


1月は行き2月は逃げて3月は去ると言われる程年月の流れを早く感じさせてしまう時期なのです。


だから時間が経つのが早いと感じても自分が歳を取ったからでは無くそう言う時期なのです。


カレンダー.jpg



そういえばもう直ぐ新しい年号が発表されますがどんな年号になるのでしょうか


とても楽しみです。


最初新しい年号を4月1日に発表すると聞いた時は「何でその日に何かの冗談か」


と思いましたが


また今の時期は学校の卒業式の時期でもあります。


卒業式.png


先日も私の地元の小学校の卒業式があり卒業式帰りの子供達を町で見かけましたが


とある事に気づきました、それはランドセルが落書きだらけなのです。


ランドセル1.png


なんじゃこれはと思って良く見ているとその落書きは寄せ書きでした。


卒業してもこれからもずっと友達だよ、みたいな事がランドセルの至る所に書かれていました。


私が小学生の頃は卒業アルバムに寄せ書きを書く欄があってそこに寄せ書きを書きましたが


「今の子供はランドセルに書くのかぁ」と思いました。


確かにランドセルは卒業さえしてしまえば2度と使う事はありませんので寄せ書きをしても


何も問題ありませんね。


>> しかし小学生の皆さま一つ問題がありますよ。


ランドセル2.png



>> そのランドセル、捨てるに捨てられなくなりますよ思い出のランドセルになったのだから。


>> ランドセルと言うものは大きくなった時に捨てるものです、どれだけ物持ちが良い人でも


>> 一人暮らしを始めた時には捨てていると思います。


>> ある程度の大きさもあるので一人暮らしをする部屋に持ち込むのも場所を取ってしまい


>> 実家に置いていても親から邪魔だから持って行くか捨てるかにしてくれと促されるでしょう、


>> でも捨てられません当時の友情の証がそこに有るから、


>> 思い出はプライスレスですけど収納場所は限られていますよ。



さて今まで苑とは何も関係ない事を書いてここから苑の出来事を書くつもりでしたが、


とても長くなったのでここで終わりにしようと思います。


それでは皆さま新しい年号に思いを寄せて失礼します。

                                蘭ユニット U

posted by 管理者 at 03:13 | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185752187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック